ホーム > 注目 > ピッカピカにしたのですが

ピッカピカにしたのですが

テレビで、表面のキズでくすんでしまったプラチナのリングを
ピッカピカにする方法が紹介されていたので、さっそく私も、
クリップでゴシゴシと、リングを擦ってみたのですが、
根気の無い私には、これが結構、重労働ですぐにあきらめてました。
指もつってくるし、時間は掛かるしで、そんなに簡単ではありません。

それでは、他の方法はないかとググってみると、千円ちょっとで
プラチナクリーナーっていう専用の布が販売されていたので、
購入してみました。
元々はピンク色の布なのですが、数回リングの表面を擦るだけで、
布にどす黒い汚れがつくんですよね。

5分ほどリングの外周をまんべんなく擦ってみたところ、
めちゃくちゃ綺麗になりました!
多分、細かいキズは残ってるんだと思うんですが、チラッと見るレベルでは、
本当にびっくりするくらいピッカピカになりました。
これはちょっと感動的です。

なぜ、こんなことをしたかと言うと、このリング、私のサイズに
合わなくなってしまたので、買取り店に持っていくことにしたのです。
どうせ、お店の人に査定してもらうなら、みすぼらしい姿より、
ちょっとでも、良い感じの物のほうが、高く買取ってもらえるのでは・・・
と考えたからです(w)。

出不精の私は、候補のお店をあれこれ検討した結果、
岸和田市のウィンズ(金・プラチナ・ダイヤモンド買取り)
ってお店一本に絞って、査定してもらうことにしました。
ここなら和泉市からでも車で20分程度で行けました。

予想とおりの金額で買取ってもらえて満足してるんですが、
実は、プラチナのリングは、別に磨いてピカピカにしても、しなくても、
買取り店でのお値段は一緒なのだそうです(涙)。
小細工は通用しないんですね~、せっかく頑張ったのに。

ということで、逆に布代分を損してしまいましたが、
これも一つの勉強です。

買取ってもらったお金を軍資金に、新しい指輪を探します!