ホーム > 痛風 > 痛風を防ぐ生活習慣

痛風を防ぐ生活習慣

痛風は体内で作られる尿酸のバランスが崩れることによって発症する病気です。尿酸値は通常尿酸塩として血液に存在しますが、尿酸値の高い状態が続くと、血中に溶けきれず高尿酸血症となり、結晶化するこようになります。

 

 

 

沈着した結晶が剥がれおちると、白血球が異物を排除すべく攻撃します。こうした白血球の出す炎症物質によって、激痛を伴うこともあります。

 

 

食事から摂取した油分は、脂肪酸に小腸で分解されると、肝臓まで運ばれます。

ですが、糖質や脂質を摂りすぎて、肝臓に運ばれる脂肪酸が増えていくと、今度は肝臓で脂肪酸をもとに作られた中性脂肪が肝臓に蓄積されます。

 

 

 

肝臓に含まれる脂肪は一般的には4%前後ですが、脂肪が5%より多い場合になると脂肪肝とされます。

 

高尿酸血症を放置すると痛風を引き起こす可能性があり、注意が必要な病気です高尿酸血症というだけでは体に不調は表れない為、健康な人と変わらない生活が送れます。

その為高尿酸血症を放置してしまいがちで、高尿酸血症を治療しようという思いに無い為結果的に急に痛み出し、気が付いたら痛風ということになる恐れがあります。

 

 

 

痛風を患う人の男性が占める割合は約95%になります。

それに対して女性は女性ホルモンの働きによって尿酸の排泄が良く、男性との発症率を比較した場合かなり低く抑えられています。

 

 

 

しかし、閉経を迎えるとホルモンの働きは弱まり、尿酸値の上昇を抑えられなくなります。そのような仕組みから、痛風になる女性はほとんどが閉経後の人です。

 

 

余分な尿酸を体内から排出する機能を頼もしいほどに高めてくれる飲み物は日ごろからよく目にしている牛乳です。

 

カゼインという牛乳の中にある成分が、体内にとりこまれてアラニンに変化し、そのアラニンが腎臓機能を正常な状態に近づけてくれます。

 

とは言え良かれと思って水を飲んだとしても、尿酸そのものが沢山出るのとは異なり、薄められただけだと言えます。

 

尿酸の生産される量と排泄される量の割合が崩れて、尿酸プールの容量を超えてしまうと、高尿酸血症にかかります。

 

ところが逆に低すぎても低尿酸血症という状態になってしまい、その結果腎不全を起こしてしまいます。わずかな上昇・蓄積ならば、食べ物のとり方に注意をはらったり運動を習慣にすることで短期的に改善が望めるケースも少なくありません。

 

これといった症状がでることは少なくて発見するのが遅くなることもあります。体がだるい・疲れやすいといった症状が現れる場合もありますが、肝臓からのメッセージだと見抜くことは難しいでしょう。心配になった時には診療機関の内科へ行き、健康診断などを受けると血液検査をするので、判別してもらうのは簡単です。血液検査の値からすぐに診断してもらえます。酸性に尿が傾くことで、結石が作られやすくなり、尿路結石や腎臓病といった合併症へとつながります。

 

 

ですから、尿が酸性に傾き過ぎるのを防ぐために普段からコントロールを心がけることがとても重要になります。

 

 

正常とされる尿酸値は男性では3.6~7.0mg/dl、女性は2.7~7.0mg/dlになり、男女ともに7mg/dlを超えると高尿酸血症という診断を受けます。糖尿病や脂質異常症、さらに高尿酸血症の患者に共通の特徴として、肥満やメタボリックシンドロームになっている人が多いという点です。

 

肥満と2型糖尿病を併発した人が減量すると血糖値が正常な値に近づくことがよくありますが、同様に、太り気味で尿酸値の高い人が減量に成功すると、尿酸値が減少していくことが多く報告されています。

 

 

尿酸値はストレスがかかると高くなるとも言われていますがはっきりはしていませんが、ストレスによって腎臓の働きが悪くなり、尿酸の排出を困難にするということがあるようです。

 

ストレスが体調に深く関与することは、現代社会では多くの人が感じていると思います。癌においてもストレスが原因といわれているほどです。

 

したがって痛風においてもストレスを溜めないということが重要です。アンセリン サプリ おすすめ